サイトマップ

サッとキャッシングを終わらせるために

すぐにでもキャッシングを利用したい、そう考えている方も多いでしょう。キャッシングの良さを最大限に活かすためには、やはりその利便性を活かさない手はありません。

そこで、キャッシングを利用する際には、事前に用意できるものは用意しておきましょう。ここでグダグダになってしまうと、急いでいる時に慌ててしまうかもしれません。

必須となるものとしては、やはり免許証などの身分証明書が当てはまります。自分を証明することができない限りは、お金を貸してもらえることもありません。次に必要になるのは、収入証明書と呼ばれているものです。

これは自身の収入がきちんとあるのかを証明するものなので、用意しておくとよいでしょう。ただし、場合によっては必要のないこともあります。

そして、印鑑が必要ではないのか、と思うかもしれませんが、最近では必ずしも必要なもの、というわけではなくなりました。インターネット上から利用できる特性上、印鑑を必要としていないのです。

このように、サッとキャッシングを利用してしまうためにも、事前に用意できるものは集めておくとよいでしょう。特に身分証明書は確実に必要になるものなので、必ず近くにおいておくことが重要です。

返済方法の変更について

支払日や金額の確認はしっかりと自分がどのような返済方法を選ぶのかはそれぞれですが、場合によっては後からまた返済方法を変更したい、と考える方もいるかもしれません。そんな時には、どうすればよいのでしょうか。そもそも返済方法を変更することはできるのでしょうか。その点について、説明しておきましょう。

キャッシングの返済方法ですが、これは後から変更することも可能です。変更したい事情は人によって違いますが、返済方法を変えること自体は誰にでもできるのです。例えば、今のままだと返済が無理だと考えられる時、その時にはまた別の返済方法を考えるとよいでしょう。

ただし、返済方法を変更するとこれまでの金額とこれからの金額に違いが出るので、その点は確認が必要です。

返済方法の変更ですが、難しいことではありません。電話からでもインターネットからでもできますし、後は指示に従うことによって返済方法の変更の完了です。また、どうしてもわからない時には、そのキャッシング会社に相談をしてみるのもよいでしょう。

もしキャッシングの返済計画に何らかの影響が出ている場合には、この返済方法の変更を考えておきましょう。難しいことではありませんし、自分の負担を減らすことにも繋がります。

審査における最終判断となるブラックリスト

カードローンの審査において、最終的な融資可否の判断材料になるのが、各社が加盟する指定信用情報機関に登録されている申込者の信用情報におけるブラックリストの有無です。

ブラックリストというのは信用情報に記載されている返済事故のことで、任意整理などの債務整理や保証会社による代位弁済、3カ月以上の連続的滞納などが記載されています。また、短期間における度重なるカードローンへの申し込みもブラックリストになります。

以前は、貸金業者の信用情報機関への加入は任意であったため、業者の間ですべての利用者の借入記録が把握されることはありませんでしたが、改正貸金業法による指定信用情報機関制度において加入が義務化されたため、全貸金業者における情報の共有が実現しました。

ちなみに、リストという言葉から特別な帳票を連想させますが、実際にはブラックリストというものが別途に存在するわけではなく、信用情報に記載されている返済事故、債務整理や長期間の返済遅延記録のことをブラックリストと呼んでいます。

なお、信用情報機関にブラックリストが登録されている期間は、債務整理などに関する情報は5年、延滞の情報は1年、カードローンへの申込情報や貸金業者からの照会履歴は6ヶ月間となっています。登録期間が過ぎると、自動的に消去されます。